美容外科の診療内容

最近では男性も増えている美容外科の患者ですが、美容外科と言ってもどのような診療項目があるのか実のところ分からない人もいるのではないでしょうか。ここでは、一般的に美容外科で行われている診療内容をご紹介します。

身体、顔、肌、その他とこのようなカテゴリに分けて見ていきましょう。では、1つ目の身体からです。もっとも多く、またイメージしやすいのがダイエットにまつわることです。脂肪吸引がダイエット外来などがあり、患者数も多いです。そして、豊胸。豊かなバストを得たいという女性はまだまだ大勢います。多汗症も悩んでいる人が多く、臭いの元となるアポクリン酸の除去を行います。

2つ目の顔。もっとも人目に触れなおかつ、コンプレックスを抱える人も多いのがこのパーツです。二重の手術や、鼻を高くしたいなどの要望に応えます。また、歯に関する事も美を追究する人は多く、最近流行りの審美歯科やインプラントもこのカテゴリに含まれます。

3つ目はお肌。ニキビ、肌荒れの治療からアンチエイジングまで。お肌を綺麗にすることはなんでも対応。また、脱毛やプラセンタの注入などもこのカテゴリに入ります。お肌がかさかだったり汚いと年齢より老けて見えますから美を意識している人にとってみたらとても大事なポイントです。

4つ目のその他には、薄毛治療や目の機能に関わることが主です。レーシック治療もここに含まれます。

このように、約30種類の診療項目があります。細かく分けるともっと数の多い美容外科です。