美容外科の診療内容~顔編~

人目にさらせる顔、就職するにも、人とコミュニケーションを図るにも顔は大事。しかもコンプレックスを抱える人はなおさら美しい顔を手に入れたくて仕方がないのです。診療内容には、まず目の整形があります。

だいたいどの美容整形外科にもあるのが二重手術ですが、それだけ患者が多いということなのです。それほどまでに二重であることが可愛くまた美しく見えるポイントなのでしょうね。
注射埋没法や切開法など手術方法にも幾つかあるので、患者さんのなりたい目に合わせて行うことができます。
目の整形と同じぐらい患者数の多いフェイラインの整形もあります。
小顔注射やボトックス注射でエラ張りをなくすなど、顔全体の形を変えていきます。
手術よりも注射での処置が多いので、長期間の入院や腫れがひどくなるということもないので患者数が多いのでしょう。
鼻を高くする整形もおこなっています。
最近では審美歯科も普及し、歯の矯正やアゴラインも美容整形で行うところもあります。
顔は手術になると入院も必要ですし、また腫れがひどいと外に出られません。
手術に望む場合には、長期休養の確保やその後のお手入れ、近親者との接し方もある程度考えておいた方が良いでしょう。
顔1つとっても色々な部位の整形があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□関連する記事